<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://tr.line.me/tag.gif?c_t=lap&amp;t_id=c42557f7-f9b8-4874-b365-1114c5b0a6f3&amp;e=pv&amp;noscript=1">
よくある質問 ロゴ申請ページ ユニバーサルマナーマーケット メールマガジンの登録 お問い合わせ

プレスルーム

【つながるUM#12 イベントレポート】D&I WORKSHOP 聴覚障害者とのオンライン対話

画像 イベントタイトル

2021年2月26日(金)に、オンラインにて、第12回「つながるUM(ユーエム)」を開催しました。

本イベントは「障害がある人もない人もユニバーサルマナーを通じてつながるイベント『つながるUM』」ということで、障害のある方と参加者をつなぎ、新しい視点をお伝えすることを目的に始まりました。

第12回目のテーマ

今回はPLAYWORKSのタキザワさんをお招きし、「聴覚障害者との対話」を楽しむワークショップを実施していただきました。
参加者は聴覚障害のある当事者3名を含む9名で、3つのグループに分かれて対話をしていきます。

普段使っている声は使わずに、チャット、筆談、アプリ、ジェスチャー、表情、口の形などさまざまなコミュニケーション方法を、楽しみながら体感していただきました。

グループワークでは、4つのお題にチャレンジ。

・チャットで自己紹介
・筆談で自己紹介
・絵でしりとり
・ジェスチャーでしりとり

と、だんだんと難易度が高くなっていきます。

特に絵のしりとりでは、聴覚障害のある参加者の方から、
「普段お願いしている立場だけど、実際にやる立場になるとこんなに大変だとは思わなかった!」
というご感想もありました。

画像 zoom画面のイラスト。詳細はこのあと。
▲絵しりとりの様子。わからない時は表情やジェスチャーで伝えます。
それぞれのグループにはグラフィックレコーディングを行うグラフィッカーも参加し、対話ワークでは聴覚障害のあるみなさまに質問や感想を伝えました。

参加者の感想

・当事者の方に直接お話を聞けて良かった
・今まで想像していたイメージが変わった
・自分が声にどれだけ頼っているかを知ることができた
・手話ができなくてもコミュニケーションが取れて感動した
・聞こえる聞こえないにかかわらず、表情は大事だと改めて感じたので、これから気を付けていきたい
・コミュニケーションがとにかく楽しかった!!

など、様々な意見が飛び交いました。

各グループ対話ワークでをグラフィックレコーディングとして残しています。
ぜひ、画像を拡大してご覧ください♪

画像 グラフィックレコーディング3枚中1枚目画像 グラレコ2枚目

画像 グラレコ3枚目

さあ、みんなで共創しよう!「Co-Designプロジェクト」

画像 コ デザインプロジェクトのロゴマーク
今回のファシリテーターのタキザワさんが代表をつとめるPLAYWORKS社と、ユニバーサルマナー検定を運営するミライロでは、障害のある当事者との共創から新製品・サービスを創出するための「MIRAIRO Co-Designプロジェクト」を共同で始動いたしました

本プロジェクトを通じて、企業における製品・サービスの開発や改善を支援し、バリア(障害)がバリュー(価値)となる社会の実現を目指していきます。
ぜひこちらもお楽しみに!

◇本プロジェクトの詳細はこちら

◇PLAYWORKSの情報はこちら

今後のつながるUMもどうぞお楽しみに!

◇開催情報はこちら

書いた人/近藤茜