<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://tr.line.me/tag.gif?c_t=lap&amp;t_id=c42557f7-f9b8-4874-b365-1114c5b0a6f3&amp;e=pv&amp;noscript=1">
ユニバーサルマナー検定

MENU

正しく理解し、寄り添える人になる

同性愛や両性愛など同性・両性を好きになる人、性同一性障害やトランスジェンダーなど心と身体の性に不一致を感じる人々の頭文字を総称してLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)と呼びます。

LGBT対応マナー研修では、基礎的な用語やこれまでの歴史、職場における対応方法や具体的な取り組み事例などを総合的に学ぶことが出来ます。

マスクグループ 10

このような経験はありませんか?

皆さんの行動が良い結果に繋がっていないとすれば、それは誤った理解や対応をしているからかもしれません。
テレビなどで最近よく聞くが、
LGBTについてあまり分かっていない
自身の何気ない一言で、
LGBTの方を傷つけてしまったことがある
身近な人からカミングアウトをされても、

どんな対応をすべきか自信がない

LGBT対応マナー研修のポイント

image 22 (1)

当事者講師から学ぶ

LGBT対応マナー研修は、LGBTの当事者講師が実施します。どのような困りごとがあるのか、どのような配慮が喜ばれるのかかなど、当事者講師の実体験だからこそ伝わるものがあります。

image 116 (4)

歴史や法律から具体的な配慮まで
幅広く学べる

LGBTに関する基礎的な知識は勿論、ハード面、ソフト面における配慮事項や、カミングアウト時における対応なども学べます。最後に自身で考えるワークも行うため、より一層理解が深まります。

image 117 (3)

企業における先進的な事例も知れる

先進的な企業の取り組み事例も研修の中でお伝えします。LGBTのお客様にも喜ばれるサービス提供をしたい方や、ダイバーシティな職場環境の整備を進めたい方にも活用いただけます。何か取り組みに着手したいが、何からはじめて良いか分からない担当者の方にも役立ちます。

検定の詳細

学習内容
  • LGBTQ+に関する基礎知識
  • LGBTQ+に関する歴史と法律
  • 困りやすい問題と求められる配慮
  • 国内における先進的事例
  • ワーク
所用時間

90分

修了条件

受講者は全員修了

事前学習

不要

費用

5,500円(税込)

よくあるご質問

身近にLGBTの方がいるわけではないのですが、受講をして役に立ちますか?
はい。LGBT調査の結果では、11人に1人がLGBT層に該当する人というデータもあり、この数値は日本にいる左利きの人の割合とほぼ同じです。身近にいないのではなく、まだ知らないだけの可能性も高いです。無意識に不適切な発言を行い、身近な人を傷つけないためにも、正しい知識と理解を身につける事をおすすめします。

認定までの流れ

グループ 54

お申込み・お支払い

各詳細ページのフォームからお申込みをお願いします。決済完了後、受講用のURL・ID・パスワードを発行します。
グループ 55

講座の受講

お届けしたURLからログインし、期日までにお好きなペースで受講してください。
グループ 56

認定証の受領

受講開始日(受講案内メール到着時点)から2ヶ月を目安に、修了証をお送りいたします。

開催日程

お申し込み

お申し込み

開催日程一覧をご覧いただけます。eラーニングやオンラインで受講可能なカリキュラムもあります。
1分で簡単お申し込み
資料請求

資料請求

ユニバーサルマナー検定及びその他の研修の導入をご検討の方はぜひご一読ください。
まずは資料をもらう(無料)
お問い合わせ

お問い合わせ

ユニバーサルマナー検定に関する質問や団体受講に関するご相談などお気軽にお問い合わせください。
問い合わせする

ページ上部に戻る